スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ
2012.07.24.Tue Posted in 未分類
0 comments 0 trackbacks
まとめサイトで見かけましたので貼り付けておきます。



日本語訳はこちら。ぜひお読みください。
リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)


最後の方は、ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5にもあるように、幸福が私たちのもっとも大切な「もの」であり「目的」であると思います。
本来の目的が何であるかを見つけ、吾只足知を実践し幸福度の高さで知られていたブータンも、他国と同じく生活向上を目指し始めましたから、近い将来皆と同じ道を歩むこととなるでしょう。

生活スタイルやエネルギー・環境問題も当然その本来の目的に沿って考えるべきですが、残念ながら今の人類の目的は、物とはなんぞやを解明する「発展」であり、競争社会は科学文明を大いに進めます。それを「目的」としていますから「幸福」が後回しにされていてもなんら間違いではありません。逆に発展の足枷となります。
ただその結果、どのような結末を迎えるか実際私たちは体験しなければなりません。そして人は酷い目に合わなければ早々考え方が変わる物ではないということも歴史が何度も証明しています。

スポンサーサイト
みまもって
2012.03.09.Fri Posted in みらい
0 comments
長い期間、現実逃避を続けましたがようやく1歩を踏み出しました。

2年半+4年半で合計7年間。

耳鳴りも受け入れることで慣れてきました。
自分が選択した過ちの道も、受け入れて責任を持ち進まねばなりません。

今の私と私を応援してくれた人、私の記憶にのみ残っている必死に応援してくれた過去の妻の為にも私は前へ、1歩ずつ少しでも進まなければなりません。恥ずかしながら、逃げてはいけない事をこの歳でようやく知りました。

みみなり3
2012.01.17.Tue Posted in いま
0 comments
耳鳴りが治ったかと思いきやそれもつかの間。
別音階のキーン音がボリューム大で鳴り続けるようになりました。

最初鳴っていた金属系チリチリ音は、今回のキーン音に掻き消されていただけで実はずっと鳴っていた様です。
これは耳側~頭がチリチリ音を相殺する為、体が頑張っている様子なのですが逆に本人へのダメージは大。
治ったと喜んだ所から現実に引き戻された精神的ダメージもあります。

流石不治の病といわれる耳鳴り。甘く見すぎていました。
30代後半から死ぬまであとどれ位期間があるか判りませんが、それまで延々と耳元で鳴り続けます。
昼間は生活音で分からないのですが、夕方から朝にかけ次第にボリュームが増大し、あまりにも大きく慣れるまでは睡眠や食事は取れそうにありません。健常者でも聞こえる静かな場所での生理的耳鳴りはシーンという音ですが、それを何十倍と増幅し常にセミが何匹も鳴いている状態で頭がすごく重いのです。

退社してから現実逃避。そして興味本位で一番大切な人と離婚。その苦痛を忘れる為更に現実逃避と全ては自分が撒いた種。
現実から逃げ続けた結果が地獄の耳鳴りです。
将来への不安、仕事、お金、健康、人間関係を考えれば考える程苦しくなり、過去のことを悔やんでも今更どうにもならないのは解っていますがどうしてもそのループに嵌ってしまう。

必要以上の欲を拒絶してきた私ですが、欲は全ての始まりであり根源でとても大切な物。間違っていたのは進むべき方向性であったと最近になって漸く気づいたのです。
失った膨大な時間や健康、人とお金は途轍もないのですが、今心の支えである両親が亡くなると間違いなく精神が持たないでしょう。
一つずつ不安を解消する為、今年の初めから漸く社会復帰する行動を開始しました。
余りにも遅い出発と耳鳴りの恐怖に絶望感が漂いますが、もう前に進むしかありません。

心の平穏を消し去り精神地獄を招いたのは耳鳴りですが、止まった心の時計を進めて過去と決別し歩むきっかけを作ってくれたのも耳鳴りです。
両親と数少ない友人の助けに感謝しながら、なんとか進んで行こうと思います。
はるのななくさ
2012.01.07.Sat Posted in いま
0 comments
7日正月はウ・ア・ワ・オ・エ・ヲ・ヱの7つ。

今回は春の七草である、
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ
wiki 「七草」

これらには其々意味があります。

1.すずな(蕪[かぶ]の古名)
  鈴の形に似る人間の口から発音される言葉の名である言霊を指します。
  五十音の鈴をお祭りした五十鈴の宮は伊勢神宮

2.すずしろ(大根の古名)
  言葉が耕されるシロ・代(畑)の意味で五十音言霊図のことです。

3.なづな(ペンペン草)
  名の綱で、五十音図は名(言霊)が綱のごとく
  縦横に連なっている事を教えています。
  縦にはアイウエオの五行が揃います。

4.ごぎょう(よもぎ)
  五行で儒教の木火土金水、言霊学のアイウエオ五母音のことで、
  人間の精神宇宙の五つの次元・界層を表わす言葉です。

5.せり(芹)
  選ぶ・選るは昔の言葉で、選(せ)るを示します。
  人間の選択・実践の英知の働き(言霊エ)を示しています。
  市場でも買う買わないの選り・セリが行われます。

6.はこべら(はこべ)
  運ぶ、運用・活用の意を表わします。

7.ほとけのざ(かすみぐさ)
  言霊五十音の精神要素を選り運用していった結果、
  人間精神の最高道徳の鏡(八咫鏡)の実態である
  五十音図(天津太祝詞[あまつふとのりと]音図)が完成します。

春の七草の行事は、この言霊学の霊妙な働きを謎の形で後世に伝えようとしています。

以上全て引用





しょうがつ
2012.01.04.Wed Posted in ことたま
0 comments
日数は経ちましたが、新年明けましておめでとうございます。

お正月のお祝いに、1日の正月、3日の正月、5日のお祝い、7日の七草粥、11日の鏡開き、15日の小正月、20日の正月があります。
1,3,5,7,11,15,20の数字には其々意味があり、古の人々が後世の人達に気づいてもらう様、風習として残したものです。
内容は殆ど引用


1日 元旦
古事記「天地の初発の時、高天原に成りませる神の名は、天之御主神」から始まる内容は心を表しているものであり、何かが意識として始まる最初の兆しが言霊ウ。これがスタートになります。

3日 正月
次に、高御産巣日神(言霊ア)、神産巣日神(言霊ワ)が生まれ、最初の天之御主神(言霊ウ)と合わせて造化三神。
昔、自分を吾(アレ)、相手を我(ワレ)と言いました。
「一、二を生じ、二、三を生じ、三、万物を生じる」
自分と相手、主体と客体の二つに分かれてようやく意識は次の段階へ進むことが出来ます。

5日 正月
ウアワの次、アがアオウエイ(母音)・ワがワヲウヱヰ(半母音)と5つの次元に分かれます。
ここでの説明は省略しますが人の心は5つの段階があると言う事を示します。

7日 正月
ウ、ア、ワが揃い、次にア(主体)が「オ・エ」、ワ(客体)が「ヲ・ヱ」と進みます。
オ・ヲが経験知、エ・ヱが選択。
ウ・ア・ワ・オ・エ・ヲ・ヱの7つ。
七草粥のセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロにも其々意味がありますが今回は省略。

11日 鏡開き
鏡餅は2段になっていますが、アイウエオ五十音の言霊と五十個の操作方法で50+50=100の百、百の道でもち(百道)です。
言霊の原理を順番に理解し十段階まで一つ一つ指を閉じていくと、指十本目で握手となり判った事となります。
神社の注連縄(しめなわ)に垂れ下がっている紙は幣手(にぎて)
十一からは一つ一つ開き、言霊の法則を応用し文明を創造していくので開くとなります。

15日 正月
ウ、ア、ワ、エ、ヱ、オ、ヲ、の次に心の働きを示すチイキミシリヒニの八父韻が出てきて合計15。

20日 正月
アイウエオ五十音は、母音・半母音・八父韻・子音三十二と神代文字「ン」で五十。
そのうち濁点が付くのは主体側のカサタハ四行で合計二十。残りのナマヤラは客体側で濁点が付きません。
心の主体側二十の言霊の真相が理解できると人間の心が解ります。

20の言霊つまり布斗麻邇が完成いたしますので、
それを後世に残す為に二十日正月という制度を設けたのであります。
これが言霊の原理の結論になりますので、二十日正月で終りという事になります。


NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。